横尾忠則 アートフィギュア:よだれ

3,024円(内税)

フィギュアの作製が非常に困難とされていた横尾忠則氏の「よだれ」を精巧に立体造形化しました。
通常、女性をモチーフにした肖像画などでは男性の直情的な欲求がダイレクトに反映されがちですが、やはり横尾氏独自の少年が大人の女性に抱く憧れや畏怖のような心情から作られた作品になっています。
この女性は伊仏の合作映画「血とバラ」に出てくる人物をモチーフにしたと横尾氏は対談で語っています。
吸血鬼カーミラの物語なのですが、なるほど「よだれ」という題にもかかわらず、尖った歯も印象的になっています。着衣もどこかヨーロッパな感じを醸し出していますね。
台座に乗せられても尚感じられる横尾忠則氏の迷宮世界に迷い込んでみるもの楽しいものです。

フィギュア本藍:約90mm/専用台座約30mm/塗装済み完成品/PVC素材(非フタル酸系)/パッケージ全高:約140mmブリスターウインドウBOX