横尾忠則 アートカンバッジ:電話 小

324円(内税)

1960年代当時、「アート史上もっともタブーな表現」と世間を揺るがした「ピンクガールズ」シリーズより、「電話」のアートカンバッジのご紹介です。
直径が約3cmと小さめですので、ピンクガールズのエロスがあっても気兼ねなくワンポイントに使用できます。
脇を大胆に見せるモダンガールと電話を合わせた点が横尾氏らしさを感じさせます。
電話機本体が浮き上がるほどの通話への情動を感じさせるからです。衣服の朱色と背景の青空と青い海のコントラストも美しく、どんなシチュエーションでも使えそうなアートカンバッジだと言えます。

本体:直径約30mm/1ピロー:PP袋入

イメージはありません。

その他の商品はこちら