横尾忠則 B7アートミニノート:オートバイ

216円(内税)

横尾忠則氏の「オートバイ」のB7版、アイデア帳に最適なアートミニノートです。
ピンクガールズの作品だけあって、情念派らしい口を大きく開いた女性が大胆にオートバイに跨っています。
横尾氏は絵を描くときに「直感と衝動」が最も大切だと、著書「見えるものと観えないもの」で語っています。それこそが、感動を与えるものだとも語っているのです。
きっと、横尾氏の頭の中に「オートバイ」と「女性」が偶然あったので完成した作品だと言えます。どこか死を想起させるのは直感で描かれているからこそだとも言えるでしょう。直感と衝動を大切にしたい方のメモ帳にぴったりの一品です。

本体:約128×90mm/印刷:4C・1C(ケイ線無し/中綴じ)/32ページ/パラパラ漫画付き