横尾忠則 A6アートノート:歯みがき

270円(内税)

女性の裸体が横尾忠則氏らしく描かれています。
注目すべき点は、背景が風景ではなく、銭湯などのタイル張り調になっている点です。
開放感、自由などが感じられます。事実、女性は歯みがき粉をこれでもかというほど出しています。本作の原画は油絵なのですが、その部分にはこれでもかというほど白い絵の具が塗りたくられているのです。きっと横尾氏はそんな大胆な開放感を表現したかったのでしょう。
開放感に浸りたい方は、バッグに入れておいてメモ帳などに使ってみると、インスピレーションを拝借できるかもしれませんね。

本体:約148×105mm/印刷:4C・1C(ケイ線あり/中綴じ)/32ページ(※パラパラ漫画好き)