横尾忠則 B7アートミニノート:顔

257円(内税)

横尾忠則氏の「顔」のB7版、アイデア帳に最適なアートミニノートです。
美人を強調する黒子の位置、泣きぼくろと口元の黒子が印象的なイラストです。この2つの黒子が無いならば、イラストの雰囲気はガラッと変わっていたでしょう。
また、横尾氏は黄色を2番目に好きな色で「輝き」を表す色だと語っています。鼻がないことから、何人なのか不明な感じにもなっています。つまり、どんな女性でも輝くように美しくなれるというメッセージが込められているのではないかと推測できます。
良く見ると、最低限、子供の顔ではないことが分かります。横尾氏が大人の女性を想起して、それも美女、妖艶な女性をイメージして描いたのでしょう。もしかすると、マリリンモンローの影響が強いのかもしれません。
輝く自分になりたい方に最適なアートミニノートだと言えます。

本体:約128×90mm/印刷:4C・1C(ケイ線無し/中綴じ)/32ページ

その他の商品はこちら