横尾忠則 ペーパーナプキン:帽子

734円(内税)

横尾忠則氏の「帽子」の、食事やパーティーシーンに使えるペーパーナプキンです。
このモチーフは1965年に作成された「眼鏡と帽子のある風景」に登場しております。
さらにその作品は、個展を見に来られた三島由紀夫氏が絵の前に立ち、いつまでも目を離さなかったので横尾忠則が贈呈して、 亡くなるその日まで書斎で飾られ続けた作品でもあります。
そんな人を引き付ける魔力を持つこのイラストは、どこかアメリカンな雰囲気を漂わせるお茶目さの中に、当時の時代背景を窺わせるようなシリアスさも兼ね備えています。
そんなパラドックスを感じながら、横尾氏のアヴァンギャルドなアートを日常に取り入れてみたいものです。

本体:約33cm×33cm