横尾忠則 ペーパーナプキン:ベロ

734円(内税)

横尾忠則氏の「ベロ」の、食卓を彩ってくれるペーパーナプキンです。
こちらは寺山修司氏の著書「書を捨てよ、町へ出よう」の装丁にも使用されている作品です。
かのピカソにいわゆる「青の時代」があったように、
「星の子」を世に出してからおよそ5年ほど「赤の時代」があった横尾氏。
彼にとって赤と言う色は鮮烈なエネルギーを持った生々しい色です。
そんなエッセンスを取り入れたこのペーパーナプキンは食欲をもそそりますし、
デコパージュにして日常生活に取り入れるにも最適でしょう。

本体:約33cm×33cm