横尾忠則 アートカンバッジ:オートバイ 小

324円(内税)

1960年代当時、「アート史上もっともタブーな表現」と世間を揺るがした「ピンクガールズ」シリーズより、「オートバイ」のアートカンバッジのご紹介です。
直径が約3cmと小さめですので、ピンクガールズのエロスがあっても気兼ねなくワンポイントに使用できます。
横尾氏のインタビューにある通り、時代によって作風が変わるのが横尾氏の特徴です。1960年当時はモダンだったであろう女性がすっとバイクにまたがっています。現代人からみると、多少のレトロさを感じることができますね。
道路の中央を突っ走る点に「自由」を見出すことができるカンバッジになっています。
縦の中央線に分断されたY字路シリーズ的な楽しみ方もできる仕上がりになっている点にも注目したいところです。

本体:直径約30mm/1ピロー:PP袋入

イメージはありません。