横尾忠則 アートカンバッジ:終りの美学 大

540円(内税)

1960年代当時、「アート史上もっともタブーな表現」と世間を揺るがした「ピンクガールズ」シリーズより、「終わりの美学」のアートカンバッジのご紹介です。ほのかにエロティシズムを感じさせますが、タイトル通りの印象を与える不思議なレイアウトになっています。
機関車に配置されているのは、仏教史観では「死」を意味する蓮の葉と白い花である点に注目できます。そして堂々とした出で立ちで機関車に乗る裸の女性。死ぬまで女性は女性である、死後の世界にも「美」を持ち込む、そんな横尾氏の思想が読み取れる傑作をアートカンバッジとして身につけてみるのも面白いかもしれません。

本体:直径約70mm/1ピロー:PP袋入
絵柄:終わりの美学

※女性をメインターゲットとしたのは、同じような柄のジャケットは女性からの注文が多いとの情報からです。

イメージはありません。