横尾忠則 アート一筆せん:自画像のある風景

756円(内税)

横尾氏のピンクガールズシリーズから「自画像のある風景」のアート一筆せんのご紹介です。
「自画像のある風景」から、女性の部分をメインに大胆にカットして製作しました。
横尾氏は著書「死の向こうへ」で「死とエロスは_影と光、対立する両極の概念を共存させることによって、衝撃から起こるエネルギーを発生させようとする無意識の欲求」があると述べています。
単なるエロスで終わらない、生と死を内包した芸術性がそこにあることが分かります。一風変わった一筆せんでメッセージを残しておくのも乙なものなのかもしれません。

本体:約180mm×111mm/印刷:4C・1C(ケイ線あり/横書き)/50ページ/PP袋色

その他の商品はこちら