横尾忠則 アート一筆せん:テレビ

540円(内税)

横尾氏のピンクガールズシリーズから「自画像のある風景」のアート一筆せんのご紹介です。
注目したいポイントは2つあります。一点はテレビが白黒である点です。1960年代に描かれたものなので、カラーテレビの発想がないためだと思われますが、作品全体としては現代にも通ずる奇妙な作品になっているのです。
そしてもう一点は、空から落下してくるかのような女性です。裸でスカイダイビングをする情念派らしい作風と、女性と死を一枚に描き切る横尾イズムが炸裂している作品にも仕上がっていますね。
内部の一筆せんは、女性の恥部が綺麗に見えなくなっているので、メモ書きするのに抵抗は非常にすくなく、むしろ気に留めてもらえるようなメモが残せます。

本体:約180mm×80mm/印刷:4C・1C(ケイ線あり/横書き)/50ページ/PP袋色

その他の商品はこちら