横尾忠則 B7アートミニノート:愛

257円(内税)

母親の愛を示す口づけを左側に大きくモノトーンで配置し、タイトルである「愛」を印象づけています。コラージュの仕方も横尾氏らしく大胆に「ちぎった紙の具合が分かる写真調イラスト」を組み合わせるという方法を採用しています。また、切り取ったであろうハサミもまた一つのアートとして利用するポイントが横尾氏らしくあります。
横尾忠則氏は、幼少期に母親の「ターちゃんは橋の下で拾ってきたんやで」という言葉を信じてしまい、このデザインはそれを甘美な出来事であると認識したという出来事に起因しているのかもしれません。「愛する人のキス」を切り貼りしてなお「愛」というテーマ性を持たせる横尾氏の思想に触れられる作品なのです。

本体:約128×90mm/印刷:4C・0C(ケイ線無し/中綴じ)/32ページ
絵柄:愛