横尾忠則 B7アートミニノート:バーガー・クイーン(ブルー)

257円(内税)

青が基調になっている横尾忠則氏のB7サイズのアートミニノート。特徴的なのはやはり横尾忠則氏が三島由紀夫との出会いによって果たしたインド旅行で得た「聖俗一体」の概念。一見、裸の女性と、世俗的な食べ物の代表と言えるハンバーガーで構成されたアートです。しかし、そこに涅槃像のような神秘性を見出した横尾氏の思想が垣間見える作品です。
注目したいのがイラスト右側にあるスープの缶。これは「キャンベルスープ」であり、ウォーフォールが作成した「大量消費」を礼賛するアートであったりします。これを「俗物的なもの」として配置した横尾氏の思想がダイレクトに感じられるノートです。アート肌の人は、聖なる俗物がモチーフのこのノートをアイデア帳に使うのも良いかもしれません。

本体:約128×90mm/印刷:4C・0C(ケイ線無し/中綴じ)/32ページ
絵柄:バーガー・クイーン(ブルー)