横尾忠則 アートネックレス 都市とデザイン

4,104円(内税)

横尾忠則氏のアートを題材にしたネックレス「都市とデザイン」です。
1965年に制作されたこちらの作品は、元々栗田勇さんの本の挿絵でした。
しかし、横尾氏はその挿絵をなんと実費でポスターにしてしまったのです。
それほど特別な思い入れがあったともとらえられるこの作品は、
スーツを着た男性が飛び出しているようにも見えます。
もしかすると会社員をやめて、この作品と同年にペルソナ展にも出典するほどに、
デザイナーとして活躍しはじめた横尾氏自身を表しているのかもしれません。

本体:真鍮
チェーン、プレート:シルバー925
チェーンの長さ:約45cm、アジャスター約5cm

箔押し サイズ:89 x 73 x 39

その他の商品はこちら